*ドルジバパイプライン ➡ 晶洞パイプライン(しょうどうパイプライン)

 '23/01/31

 

ウィキペディア版】

:ドルジバパイプライン(ロシア語: нефтепровод «Дружба», 英語: Druzhba pipeline)は世界最長の石油パイプラインである。ドルジバとはロシア語で「友好」の意味。ロシア南西部から約4,000キロメートル離れたウクライナ、東欧諸国、ドイツへ石油を送っている。ロシアの石油企業トランスネフト(英語版)が操業している。

-----------------------------------------------------------------------------------------

Twitter版】

#ドルジバパイプライン

晶洞パイプライン(しょうどうパイプライン):帝政ソヴィエト連邦が、連邦内外に張り巡らせた、龍脈を介することなく気のエネルギーを恣意的に移送するためのパイプライン網。龍脈を流れる気のエネルギーを集積、放出する性質を具える晶洞石英「ドゥルージー」で構築されている。

-----------------------------------------------------------------------------------------

【無修正版】

&ドルジバパイプライン

晶洞パイプライン(しょうどうパイプライン):帝政ソヴィエト連邦が、連邦内外に張り巡らせた、龍脈を介することなく気のエネルギーを恣意的に移送するためのパイプライン。総延長、およそ6万7000㎞にも及ぶ、世界最長の石油パイプライン網『親愛パイプライン(ニフチプラヴォード・ダラゴイ:Нефтепровод_Дорогой)』に沿うように敷設されている。

パイプラインは、龍脈を流れる気のエネルギーを集積、放出する性質を具える晶洞石英であるドゥルージー(Druzy)を用いて構築されている。

-----------------------------------------------------------------------------------------

【元ネタばらし】

●晶洞パイプライン(しょうどうパイプライン):『ドルジバパイプライン』より。

『ドルジバ』から、[晶洞(ドゥルージ:Druzy)]を導き出した。

◆晶洞(しょうどう)/ドゥルージー(Druzy):瑪瑙やアメジストなどの表面に結晶構造を結んだ、細かい石英が集合した天然石。

■帝政ソヴィエト連邦レーニンが発起したロシア革命が失敗した後の国家形態。

ロシアは辛うじて、烈火のごとく燃え迫る革命派を退けたものの、一連の事変で皇帝の権威は失墜し、著しく国力の低下を招いた。

これまでロシアに不満を抱いていた内縁部では、炭火にようにジワジワと独立の気運が燻っており、当時のロシアの国威では、広大な国土の隅々にまで権威が及ぶはずもなく、もはや、国家の態を保てなくなっていた。

ついに、求心力を失ったロシアには、地方の自立性を尊重しつつ連邦制を採る道しか残されていなかったのである。

●帝政ソヴィエト連邦:『帝政ロシア』と『ソヴィエト連邦』をくっ付けてみた。

●およそ6万7000㎞:ロシアに敷設されているパイプラインの総延長が『約6万7000㎞』であることから。

●親愛パイプライン(ニフチプラヴォード・ダラゴイ:Нефтепровод_Дорогой):ロシアからヨーロッパに石油を移送する『友好パイプライン(ニフチプラヴォード・ドルジバ:Нефтепровод_Дружба)』より。

●晶洞石英:瑪瑙やアメジストなどの表面に結晶構造を結んだ、細かい石英が集合した天然石である『晶洞』より。

 

 

*カテゴリ:技術/

*参考:ウィキペディア/天然石パワーストーン意味辞典>ドゥルジーアゲート/TBSテレビ>サンデーモーニング>"制裁"EUが「ロシア産石油」海上ルート禁輸で合意…世界最長「ドルジバパイプライン」とは?/

*各方面にて敬称略/

================================================

*死と乙女 ➡ 死神乙女(Grim_Reaper_Maiden)

 '23/01/30

 

ウィキペディア版】

*死と乙女:『死と乙女』(しとおとめ、Der Tod und das Mädchen)作品7-3、D531は、フランツ・シューベルトによる歌曲(リート)。詩はマティアス・クラウディウスによる。病の床に伏す乙女と、死神の対話を描いた作品。

乙女は「死」を拒否し、死神に去ってくれと懇願するが、死神は、乙女に「私はおまえを苦しめるために来たのではない。お前に安息を与えに来たのだ」と語りかける。ここでの「死」は、恐ろしい苦痛ではなく、永遠の安息として描かれている。ドイツでは、昔から「死は眠りの兄弟である」とよく言われており、ここでの「死」も一つの永遠の安息として描かれている。

-----------------------------------------------------------------------------------------

Twitter版】

#死と乙女

死神乙女(Grim_Reaper_Maiden):19世紀初頭のオーストリアに現れた、夜な夜な男性の陰部を刈り取る少女の怪人。歴史に初登場したのは、1817年5月31日の土曜日。オーストリアの新聞『ドイチュ・ツァイトン(Deutsch_Zeitung)』紙の一面を飾った、正体不明の少女による傷害事件が初出である。

-----------------------------------------------------------------------------------------

【無修正版】

&死と乙女

死神乙女(Grim_Reaper_Maiden):19世紀初頭のオーストリアに現れた、夜な夜な男性の陰部を刈り取る、少女の姿をした怪人。

歴史に初めて登場したのは、1817年5月31日の土曜日。オーストリアの新聞『ドイチュ・ツァイトン(Deutsch_Zeitung)』紙の一面を飾った、正体不明の少女による傷害事件が初出である。当時のメディアでは、「死神乙女(ゼンゼンマン・ユングフラウ:Sensenmann_Jungfrau)」や「死神少女(シュニッター・メドヒェン:Schnitter_Mädchen)」などと呼称されていた。

これらの呼称は、男性の生殖器を切り取る行為が、あたかも、魂を刈り取る死神の役回りを彷彿とさせることで名付けられたものである。

一連の傷害事件は買春街の周辺で起きており、買春客の男性を狙った犯行であることは明らかであった。いずれの被害者も行為に及ぶ前に襲われていることから、犯人は性行為に嫌悪感を抱く女性であると思われた。しかし、世間の男性を恐怖の深淵に突き落とした連続傷害事件は、結局のところ、被疑者不明のまま迷宮入りすることとなった。

事件以来、毎年、向夏の候が迫る頃に小中学生の間で話題に上り、今では都市伝説と化している。

-----------------------------------------------------------------------------------------

【元ネタばらし】

●死神乙女(Grim_Reaper_Maiden):『死と乙女』より。

●19世紀初頭:死と乙女が作曲された年の『1817年』に因んで。

オーストリア死と乙女を作曲したシューベルトの出身地である『オーストリア』より。

●陰部を刈り取る:死神(グリム・リーパー:Grim_Reaper)の『リーパー』には、「刈り取る者」という意味があることから。

本件は、乙女が陰部を刈り取るというギャップにインスピレーションを得た。

●1817年:死と乙女が作曲された年『1817年』より。

●5月31日:シューベルトの曲のナンバリング規格であるドイチェ番号において、死と乙女のナンバリングが『D_531』であることから。

◆土曜日:1817年の5月31日は土曜日であった。

●ドイチュ・ツァイトン(Deutsch_Zeitung):オーストリアで発行されている新聞『ヴィーナー・ツァイトン(Wiener_Zeitung)』より。

[ドイチェ(Deutsch)]は、シューベルトの曲のナンバリング規格である『ドイチェ番号』より。

[ツァイトン(Zeitung)]は、ドイツ語で「新聞」を意味する。

●ゼンゼンマン・ユングフラウ(Sensenmann_Jungfrau):『死神乙女』のドイツ語訳より。

●シュニッター・メドヒェン(Schnitter_Mädchen):『死神少女』のドイツ語訳より。

◆向夏の候(こうかのこう):夏が本格的になる前の時期で、6月~7月上旬までの間。

 

 

*カテゴリ:UMA

*参考:ウィキペディア/一番便利なサイトを目指して>1817年5月カレンダー/濃縮還元ニュース>オーストリアの新聞、ニュース、各種情報/

*各方面にて敬称略/

================================================

*佐々木ひでお ➡ ササヒデヲ

 '23/01/29

 

ウィキペディア版】

:佐々木 ひでお(ささき ひでお、1949年8月27日 - 、本名: 佐々木秀雄)は、秋田県由利本荘市出身の詩画家。

-----------------------------------------------------------------------------------------

Twitter版】

#佐々木ひでお

ササヒデヲ:日本の羽後県で開発された、稲の品種の一つ。登録された農林番号は「水稲農林827号」。羽後県由利本荘市を中心に栽培されている。

1949年に羽後県立農業試験場秋田分場(現在は『パウロゥニア』)にて、「ハツアザミ」を母に、「ササブドウ」を父にして交配し生み出された。

-----------------------------------------------------------------------------------------

【無修正版】

&佐々木ひでお

ササヒデヲ:日本の羽後県で開発された、稲の品種の一つ。登録された農林番号は「水稲農林827号」。羽後県由利本荘市を中心に栽培されている。

1949年に羽後県立農業試験場秋田分場(現在は、羽後県農業試験場パウロゥニア・ヒル』)にて、「ハツアザミ」を母親に、「ササブドウ」を父親にして交配し誕生した。結果、従来の品種よりも冷害や虫害、病気に強く、取れ高も良い優良品種となった。

-----------------------------------------------------------------------------------------

【元ネタばらし】

●ササヒデヲ:『佐々木ひでお』と、稲の一品種『ササニシキ』より。

●羽後県:佐々木ひでおの出身地である、秋田県旧国名羽後国』より。

◆農林番号:農林水産省に所属する研究機関や、全国の国指定の試験場にて育成された農作物品種に与えられる登録番号。

水稲農林827号:水稲に与えられる農林番号のカテゴリ『水稲農林』と、佐々木ひでおの誕生日『8月27日』を組み合わせた。

由利本荘市佐々木ひでおの出身地、秋田県由利本荘市』より。

●1949年:佐々木ひでおの生まれた年『1949年』より。

●羽後県立農業試験場秋田分場:かつて宮城県に所在していた、ササニシキの開発元『宮城県農業試験場古川分場』より。

●羽後県農業試験場宮城県農業試験場古川分場の現在の姿『古川農業試験場』より。

パウロゥニア・ヒル佐々木ひでおが入所していた障碍者支援施設『桐ケ丘』の恣意的英訳。

●ハツアズミ:ササニシキの母である『ハツニシキ』と、佐々木ひでおの随筆『母とアザミの花』を母繋がりで絡めてみた。

■ササブドウ:ササノエビを品種改良して生まれた水稲。実ると、あたかも葡萄の房のような立派な穂を垂れるさまから「ブドウ」の名が付けられた。

○ササノエビ:『ササニシキ』と、『山ブドウ』の古名「葡萄蔓(エビカズラ)」を絡めて創造した。

●ササブドウ:ササニシキの父である『ササシグレ』と、佐々木ひでおの随筆『親父と山ブドウ』を父繋がりで絡めてみた。

 

 

*カテゴリ:グルメ/

*参考:ウィキペディア/佐々木ひでお・花の詩画_展示館>【随_筆】母とアザミの花/地方独立行政法人北海道立総合研究機構(道総研)>道総研農試の育成品種(水稲)/コトバンク>農林番号/やまがたアグリネット>「ササニシキ」はどうやって生まれたのですか?「ササニシキ」の歴史を教えてください。/障害者支援施設_桐ケ丘

*各方面にて敬称略/

================================================

*ハヤ ➡ オウマガハヤ/オオマガハヤ(逢魔鮠/大過鮠)

 '23/01/28

 

ウィキペディア版】

:ハヤ(鮠, 鯈, 芳養)は、日本産のコイ科淡水魚のうち、中型で細長い体型をもつものの総称である。ハエ、ハヨとも呼ばれる。

-----------------------------------------------------------------------------------------

Twitter版】

#ハヤ

オウマガハヤ/オオマガハヤ(逢魔鮠/大過鮠):夕暮れから宵の口にかけて活動し始める、夜行性のコイ科の淡水魚。夜行性の理由は、生息域が重なる他種との生存競争を、活動時間帯の棲み分けで回避するためだと考えられている。タソガレハヤ(黄昏鮠)や、クレムツ(暮鯥)などの方言名がある。

-----------------------------------------------------------------------------------------

【無修正版】

&ハヤ

オウマガハヤ/オオマガハヤ(逢魔鮠/大過鮠):夕暮れから宵の口にかけて活動し始める、夜行性のコイ科の淡水魚の一種『ナガレトリハヤ(流酉鮠)』の別称。夜行性の理由は、生息域が重なる他種との生存競争を、活動時間帯の棲み分けで回避するためだと考えられている。

日本全国に分布しており、河川上流部、特に渓流の早瀬など流れの急な環境に生息しているが、目撃例は極端に少ない。それ故、釣り人からは幻の魚として持て囃され、憧憬の眼差しを集めている。

名前の由来は、全国各地に残されている、この魚に纏わる曰く付きの伝承に起因する。詳説すると、釣り上げた者は幽霊に遭遇するだとか、食べた者は不幸に見舞われるだとかのオカルトめいたエピソードに準拠する。

タソガレハヤ(黄昏鮠)や、クレムツ(暮鯥)などの方言呼称がある。

-----------------------------------------------------------------------------------------

【元ネタばらし】

●オウマガハヤ/オオマガハヤ(逢魔鮠/大過鮠):中型で細長い、日本産のコイ科の淡水魚の総称『ハヤ』より。

まず、ハヤの近縁種のヌマムツカワムツから『暮れ六つ(くれむつ:午後6時頃)』を連想し、そこから更に、夕暮れ時を表す『逢魔が時(おうまがとき)』や『大過時(おおまがとき)』を連想し絡めてみた。

●夕暮れから宵の口/夜行性:『暮れ六つ』や『逢魔が時』、『大過時』より。

●コイ科の淡水魚:中型で細長い、日本産のコイ科の淡水魚の総称『ハヤ』より。

●ナガレトリハヤ(流酉鮠):午後5時~午後7時にあたる『酉の刻』より。

◇ナガレ(流):渓流において種分化が起こった生物に与えられる冠詞。

●河川上流部、特に渓流の早瀬など流れの急な環境:ハヤの一種タカハヤが、『河川の渓流部の流れの緩い淵』に生息していることから連想した。

●幻の魚:『UMA』っぽさを醸し出した。

●幽霊に遭遇する:『逢魔が時』より連想した。

●不幸に見舞われる:『大過時』より連想した。

●タソガレハヤ(黄昏鮠):『逢魔が時』や『大過時』より連想した。

●クレムツ(暮鯥):『暮れ六つ』より連想した。

 

 

*カテゴリ:UMA

*参考:ウィキペディア/KOTONOHA_ウェブ>『朝・昼・夕・晩』時刻や時間帯を表す古い言葉一覧142種類|日本の美しい言葉/

*各方面にて敬称略/

================================================

*フォトニクス ➡ フォトニオニクス(Fotónionychus)

 '23/01/27

 

ウィキペディア版】

:フォトニクス(英: photonics)、光工学(ひかりこうがく、こうこうがく)は、光子を扱う工学。

-----------------------------------------------------------------------------------------

Twitter版】

#フォトニクス

フォトニオニクス(Fotónionychus):白亜紀中期の約1億960万年前に生息していた、竜盤目エンギニオサウルス科の肉食恐竜。羽毛の跡が残された化石が発掘され、羽毛恐竜であることが同定された。

羽毛の跡が光条に見えたことから、「光の鉤爪」を意味するフォトニオニクスと名付けられた。

-----------------------------------------------------------------------------------------

【無修正版】

&フォトニクス

フォトニオニクス(Fotónionychus):白亜紀中期の約1億960万年前に生息していた、竜盤目エンギニオサウルス科の肉食恐竜。

2013年10月に、紛れもない羽毛の形跡が残された化石が発掘され、羽毛恐竜であることが同定された。

特徴的な大きく鋭い鉤爪(シックル・クロー)と、化石の羽毛の痕跡が光条に見えたことから、「光の鉤爪」を意味する「フォトニオニクス」と名付けられた。

同じエンギニオサウルス科のオプトラプトルとは、長らく同一種と見做されていたが、現在ではその説は完全に否定されている。

-----------------------------------------------------------------------------------------

【元ネタばらし】

●フォトニオニクス(Fotónionychus):光工学を意味する『フォトニクス』より。

[フォトニオ]は、『光子』を意味するギリシャ語「フォトニオ(Φωτόνιο:Fotónio)」から。

[オニクス]は、ギリシャ語で『爪』を意味する「オニクス(Όνυξ:Ónyx)」から。

白亜紀中期の約1億960万年前:レーザーが発明された年代『1960年代』より。

●竜盤目エンギニオサウルス科:『竜盤目ドロマエオサウルス科』より。

光工学の英訳『Optical_Engineering』の「エンジニアリング」を、『ドロマエオサウルス』に絡めて創造してみた。

●2013年10月:株式会社フォトニクスが変遷し、「石山Gateway_Holdings」へと商号を変更した年月『2013年10月』より。

●羽毛恐竜:元ネタとなったデイノニクスヴェロキラプトルドロマエオサウルスが『羽毛恐竜』であろうことから。

◆大きく鋭い鉤爪(シックル・クロー):肉食恐竜に具わっていた特徴的な巨大な鎌状の爪。主な用途は、狩りの際に獲物を切り裂き致命傷を与えることだと考えられている。

●光の鉤爪:『フォトニオニクス』の和訳より。

●オプトラプトル:『光電子工学:オプトエレクトロニクス』より。

『オプトエレクトロニクス』の字面が恐竜の名前っぽかったので採用しようと思ったが、まんま流用するのは憚られたので、『ヴェロキラプトル』の「ラプトル」を絡めて創造した。意味は「光の略奪者」といったところか。

 

 

*カテゴリ:UMA

*参考:ウィキペディアYAHOO!JAPAN知恵袋>【恐ろしい爪】の名を冠する恐竜『デイノニクス』の名前の語源をギリシャ語…/

*各方面にて敬称略/

================================================

*グレアム・グリーン ➡ グリモワール・ヴェート(Grimoire_Vert)

'23/01/26

 

ウィキペディア版】

グレアム・グリーン(Graham (Henry) Greene, 1904年10月2日 - 1991年4月3日)は、イギリスの小説家。

-----------------------------------------------------------------------------------------

Twitter版】

#グレアム・グリーン

グリモワール・ヴェート(Grimoire_Vert):産業革命以降に刊行された、庶民向けの廉価な魔術書。本格的な魔導書ではなく、くしゃみの止め方や天気予報といった夾雑な豆知識などを収載している。

萌葱色の表紙で装丁されていたことから「緑の魔術書」や「魔術青本」と呼ばれていた。

-----------------------------------------------------------------------------------------

【無修正版】

&グレアム・グリーン

グリモワール・ヴェート(Grimoire_Vert):産業革命以降のヌーヴォー・レジー期に刊行された、庶民向けの廉価な魔術書。本格的な魔導書ではなく、くしゃみの止め方や天気予報といった生活に役立つ小癪な豆知識など、魔術に囚われない夾雑な雑学全般を収載している。

萌葱色の表紙で装丁されていたことから、「緑の魔術書」や「魔術青本」と呼ばれていた。

-----------------------------------------------------------------------------------------

【元ネタばらし】

グリモワール・ヴェート(Grimoire_Vert):『グレアム・グリーン』より。

[グリモワール(Grimoire)]は、『グレアム』から連想し…

フランス語で「緑」を意味する[ヴェート(Vert)]は、『グリーン』から連想した。

産業革命以降のヌーヴォー・レジーム期:『フランス革命以前のアンシャン・レジーム期』より。

●庶民向けの廉価な:フランスにて、アンシャン・レジーム期に発行された、大衆向けの安価な書籍『青本』より。

●萌葱色:『グレアム・グリーン』の「グリーン」より。

●緑の魔術書:『グリモワール・ヴェート(Grimoire_Vert)』の和訳。

●魔術青本:フランスにて、アンシャン・レジーム期に発行された、大衆向けの安価な書籍『青本』より。

 

 

*カテゴリ:文化/

*参考:ウィキペディア/matsui_michiakiのブログ>フランス革命(3)/

*各方面にて敬称略/

================================================

*大潟村マイタウンバス ➡ O型・Rh_multi・ダウンバースト(オーがた・アールエイチ_マルチ・ダウンバースト)

 '23/01/25

 

ウィキペディア版】

大潟村マイタウンバス(おおがたむらマイタウンバス)は、秋田県大潟村にて運行されていた廃止代替バスである。運行は、秋田中央トランスポート秋田中央交通グループの分離子会社)に委託されていたが、南秋地域広域マイタウンバスに包摂されたため、廃止された。

-----------------------------------------------------------------------------------------

Twitter版】

#大潟村マイタウンバス

O型・Rh_multi・ダウンバースト:世界各地に散在する『白金の血』、所謂『O型・Rh_multipurpose』の血液型を持つ者同士が、何かの拍子に惹かれ合うように集合し、そして交わり、その後方々に四散する現象。その様相がダウンバースト現象に相似している事から、そう名付けられた。

-----------------------------------------------------------------------------------------

【無修正版】

&大潟村マイタウンバス

O型・Rh_multi・ダウンバースト(オーがた・アールエイチ_マルチ・ダウンバースト):世界各地に散在する『白金の血』、所謂『O型・Rh_multipurpose(オーがた・アールエイチ_マルチパーパス)』の血液型を持つ者同士が、何かの拍子に惹かれ合うように集合し、そして交わり、その後、突風のごとく方々に四散する現象。その様相が、ダウンバースト現象に相似していることから『万能血液保有ダウンバースト』と呼ばれるようになった。

-----------------------------------------------------------------------------------------

【元ネタばらし】

●O型・Rh_multi・ダウンバースト:『大潟村マイタウンバス』より。

[O型・Rh]は、『大潟村マイタウンバス』の「大潟村マイ」の部分から「O型プラマイ(プラスマイナス)」を連想し、血液型と結び付けた。

[multi]は、黄金の血とされる『O型・Rh_null』の「null」から連想した。nullは、ドイツ語で「0」を意味し、英語で「多様/多数」を意味するmultiをカウンター要素として宛がった。

[ダウンバースト]は、『大潟村マイタウンバス』の「タウンバス」から連想した。

●白金の血:O型・Rh_nullの通称『黄金の血』より。

■O型・Rh_multipurpose(オーがた・アールエイチ_マルチパーパス):O型・Rh_null型の保有者は、どの血液型にでも往輸血できるが、O型・Rh_null型以外の復輸血は受け付けない。しかし、O型・Rh_multipurpose型は、全ての血液型の、あらゆる抗原に対して往復輸血ができる「奇跡の血液型」である。またの名を「万能血液型」という。正確な保有者数は把握されていないが、統計学的に1億人に一人の割合で存在する。

○1億人:大潟村マイタウンバスの運賃が『100円』であることから。100から『100,000,000』を連想した。

●O型・Rh_multipurpose(オーがた・アールエイチ_マルチパーパス):『O型・RH_null』より。

nullは、ドイツ語で「0」を意味するので、カウンター要素として「多目的/万能」を意味する英単語であるmultipurposeを採用した。

■万能血液保有ダウンバースト:血液型がO型・Rh_multipurposeの人々が起こす行動を、ダウンバースト現象に準えた事柄。

 

 

*カテゴリ:事象/

*参考:ウィキペディア/Pinky>血液型のRh(マイナス)やRh(プラス)の違いや割合を調査!/まいどなニュース>世界でたった6人「黄金の血液」とは_医師が説明/コトバンク>黄金の血/

*各方面にて敬称略/

================================================